読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなダイアリーにシンタックスハイライト有でソースコードを貼り付ける

ヘルプにあった

ソースコードを色付けして記述する(シンタックス・ハイライト) - はてなダイアリーのヘルプ

ほとんどのファイルタイプに対応

program hello
  print *, 'Hello World!'
end program hello

Fortranとかもハイライトできちゃう

OpenCLのカーネルでクラスなどのC++的なコードをビルドする方法

入門書籍に見当たらなかったのでメモ

普通にビルドすると"classなんて知らない"と怒られてしまう。

status = clBuildProgram(program, 1, &device_id, "-x clc++", NULL, NULL);

のように引数にオプション文字列を指定するようにする(AMD環境)。
ただ、C++の全ての機能が使えるわけではない

リトル・チャロのDS買ってきた

えいごで旅する リトル・チャロ

発売して間もないのに自宅近くのお店とヨドバシ、ビックカメラでは売り切れ。
ヤマダ電機でやっと店頭に出ているのを発見した。
毎回店員に「リトル・チャロありますか?(控えめに)」って聞くのはちょっと恥ずかしい。

pythonのリスト内包表記

「エキスパートPythonプログラミング」でリスト内包表記の利用が推奨されていたのでちょっと実験。

size = 100000

# code1 (whileを使った書き方)
L1 = []
i = 0
while i < size:
    if i % 2 == 0 and i != 4:
        L1.append(i)
    i += 1

# code2 (forを使った書き方)
L2 = []
for i in range(size):
    if i % 2 == 0 and i != 4:
        L2.append(i)

# code3 (リスト内包表記を使った書き方)
L3 = [i for i in range(size) if i % 2 == 0 and i != 4]

それぞれの書き方で実行時間を計測すると

code1: 0.331 sec
code2: 0.227 sec
code3: 0.197 sec

確かにリスト内包表記を使った方が速い。
ただ、この場合でcode1みたいな書き方はあまりしない気がする。

dosプロンプト

最近、Widowsのコマンドプロンプトで作業する機会が多くなった。
これがLinuxのシェルに慣れているとちょっと不便

コマンドプロンプトを開いて作業ディレクトリに移動するのがとにかく面倒
・補完機能に何か違和感を感じる

この辺りがストレスにならないように改善したい。

2011年始まった

よい機会なのでブログも始めてみる。
最近、メモしておかないと忘れてしまうことが多いので。

今年のテーマは英語力up。